旅行業務取扱管理者試験【】

旅行業務取扱管理者試験【】 のオンライン模擬試験です。
受験の予定のある人もない人もチャレンジしてみてくださいね。

下記の問題に関して当てはまるもの一つを選んでチェックを入れ、 記入が終わったら下の「採点開始」ボタンをクリックしてください。
問題文中に空欄のあるものは、空欄にあてはまる選択肢をチェックしてください。
下線の引いてあるものは、誤っている箇所に相当する選択肢をチェックしてください。

トラベル&コンダクターカレッジ
東京都渋谷区代々木1-59-1オーハシビル4階
http://www.tc-college.co.jp/   shikaku@tc-college.co.jp 
電話 新宿校:03-6276-8561
メールマガジン「毎日一問地理博士」登録をどうぞ!

【問題 1 】
登録業務範囲に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(いずれも、国内旅行業務取扱管理者のみを選任している営業所において取り扱っているものとする。)
第2種旅行業者は、本邦内の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)並びに本邦内及び本邦外の企画旅行(旅行者からの依頼により旅行に関する計画を作成し、これにより実施するものに限る。)を実施することができる。
第2種旅行業者は、他の旅行業者が実施する本邦内及び本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)について、当該他の旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる。
第3種旅行業者は、本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)を実施することはできないが、他の旅行業者が実施する本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)について、当該他の旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる。
第3種旅行業者は、一の企画旅行ごとに一の自らの営業所の存する市町村の区域、これに隣接する市町村の区域及び国土交通大臣の定める区域内において実施されるものであって、旅行代金(旅行代金の20%相当額を超えない範囲内で収受することができる申込金を除く。)を旅行開始日より前に収受しない場合は、企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)を実施することができる

【問題 2 】
旅行業務取扱管理者の職務として定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。(ア) 契約の内容に係る重要な事項についての明確な記録又は関係書類の保管に関する事項
(イ) 旅行に関する計画の作成に関する事項
(ウ) 旅行業約款の掲示及び備置きに関する事項
(エ) 旅行に関する苦情の処理に関する事項
(ア)(イ)(ウ)
(ア)(イ)(エ)
(イ)(ウ)(エ)
(ア)(イ)(ウ)(エ)

【問題 3 】
旅行業者代理業者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者代理業者は自ら登録申請をすることが認められておらず、所属旅行業者となるべき旅 行業者が代わりに登録申請を行う。
旅行業者代理業者の登録の有効期間は、登録の日から起算して5 年である。
所属旅行業者は、常に、その旅行業者代理業者が旅行業務につき旅行者に加えた損害を、賠償 しなければならない。
所属旅行業者は、常に、その旅行業者代理業者が旅行業務につき旅行者に加えた損害を、賠償 しなければならない。

【問題 4 】
企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施する企画旅行に係るものに限る)の受託契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行業者は、他の旅行業者が実施する企画旅行について、受託契約を締結したときは、旅行業者代理業の登録を受けなくても、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる。
委託旅行業者及び受託旅行業者は、受託契約において、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる受託旅行業者又はその受託旅行業者代理業者の営業所を定めておかなければならない。
旅行業者代理業者は、その所属旅行業者の承諾を得た場合は、当該旅行業者代理業者は直接他の旅行業者と受託契約を締結することができる。
受託旅行業者は、委託旅行業者の旅行業約款を旅行者の見やすいように掲示し、又は旅行者が閲覧することができるように備え置かなければならない。

【問題 5 】
法第12条の5(書面の交付)に関する次のa〜 dの記述のうち、企画旅行契約を締結した場合、法
令で記載しなければならないと定められている事項のみをすべて選んでいるのは、どれか。
a.旅行業務の取扱いの料金に関する事項
b.責任及び免責に関する事項
c.旅行に参加する資格を定める場合にあっては、その旨及び当該資格
d.旅行の目的地を勘案して、旅行者が取得することが望ましい安全及び衛生に関する情報がある
場合にあっては、その旨及び当該情報
a. d
b. c
a. c. d
b. c. d

【問題 6 】
旅行業者等が旅行業務について広告をするとき、誇大表示をしてはならない事項として定められているものについて、次のa〜dのうち、誤った記述を含まずに、正しい記述のみをすべて選んでいるのはどれか。(一部改正)

a.旅行地の景観、環境その他の状況に関する事項
 b.旅行地における旅行者の安全の確保に関する事項
 c.旅行者に対する損害の補償に関する事項
 d.旅行中の旅行者の負担に関する事項
a.b.c
a.c.d
b.c.d
a.b.c.d

【問題 7 】
書面の交付に代えて情報通信の技術を利用する方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行業者等は、書面の交付に代えて、電磁的方法により、書面に記載すべき事項を提供しようとするときは、あらかじめ、旅行者に対し、電磁的方法の種類及び内容を示し、書面又は電磁的方法による承諾を得なければならない。
磁気ディスク等をもって調整するファイルに記載事項を記載したものを交付する方法は、書面の交付に代えて用いる方法に該当する。
旅行者の使用に係る電子計算機に記載事項を記録するためのファイルが備えられていない場合に、旅行業者等の電子計算機に備えられた顧客ファイルに記録された記載事項を電気通信回線を通じて旅行者の閲覧に供する場合、その記載事項は、旅行に関するサービスの提供が終了すれば消去することができる。
電子情報処理組織を利用する方法のうちで、旅行業者等の使用に係る電子計算機から電気通信回線を通じて旅行者の使用に係る電子計算機に記載事項を送信し、当該電子計算機に備えられたファイルに記録する方法は、書面の交付に代えて用いる方法に該当する。

【問題 8 】
旅行業約款に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
登録行政庁は旅行業者の定めた旅行業約款について、旅行者の正当な利益を害するおそれがないものであるときは、それを認可しなければならない。
企画旅行を実施する旅行業者は、旅行業者の責任について、企画旅行契約と手配旅行契約その他の企画旅行契約以外の別に応じ、明確に定めなければならない。
旅行業者代理業者は、所属旅行業者が標準旅行業約款と異なる旅行業約款の認可を受 けている場合、自社の旅行業約款につき、標準旅行業約款と同一の内容であれば、自 社の旅行業約款として定めることができる。
保証社員でない旅行業者の旅行業約款にあっては、営業保証金を供託している供託所 の所在地の変更があったときは、その変更につき登録行政庁の認可を受けなければな らない。

【問題 9 】
取引条件の説明に関する次の記述のから、正しいものをすべて選んでいるものはどれ
か。
a.旅行業者等は、対価と引き換えに旅行に関するサービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付する場合であっても、旅行者に取引条件の説明書面を交付しなければならない。
b.旅行業者は、旅行に関する相談に応ずる場合であっても、取引条件の説明をしなければならない。
c.旅行業者等は、取引条件の説明書面の交付に代えて、旅行者の承諾を得て、情報通信の技術を利用する方法であって、国土交通省令・内閣府令で定めるものにより、当該書面に記載すべき事項を提供することができる。
d.旅行業務の取扱いの料金に関する事項は、旅行業者等が旅行者と企画旅行契約を締結する場合の取引条件の説明事項として定められている。
a,b
a,d
b,c
c,d

【問題 10 】
旅行業等の登録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
平成19 年4 月1 日に新規登録を受けた旅行業者の登録の有効期間満了日は、平成24 年3 月31 日である。
第3 種旅行業者が、その登録を旅行業者代理業に変更する場合には、その主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に変更登録の申請を行わなければならない。
登録行政庁は、旅行業者等が登録を受けてから1 年以内に事業を開始せず、又は引き続き1 年以上事業を行っていないと認めるときは、登録を取り消すことができる。
平成19 年4 月1 日に登録期間が満了となる旅行業者に対して、同年3 月20 日に有効期間の更新の登録がなされた場合、その登録の有効期間は同年4 月2 日から起算して5 年間である。