旅行業務取扱管理者試験【】

旅行業務取扱管理者試験【】 のオンライン模擬試験です。
受験の予定のある人もない人もチャレンジしてみてくださいね。

下記の問題に関して当てはまるもの一つを選んでチェックを入れ、 記入が終わったら下の「採点開始」ボタンをクリックしてください。
問題文中に空欄のあるものは、空欄にあてはまる選択肢をチェックしてください。
下線の引いてあるものは、誤っている箇所に相当する選択肢をチェックしてください。

トラベル&コンダクターカレッジ
東京都渋谷区代々木1-59-1オーハシビル4階
http://www.tc-college.co.jp/   shikaku@tc-college.co.jp 
電話 新宿校:03-6276-8561
メールマガジン「毎日一問地理博士」登録をどうぞ!

【問題 1 】
次の記述から、法第1条(目的)で定められているものをすべて選んでいるものはどれか。
a.旅行業を営む者についての営業保証金制度の実施
b.旅行業等を営む者の組織する団体の適正な活動の促進
c.旅行業等を営む者の適正な利潤の確保
d.旅行者の利便の増進
a,c
b,d
a,b,c
a,b,c,d

【問題 2 】
受託契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承諾を得れば、他の旅行業者と直接受託契約を締結する ことができる。
委託旅行業者と受託契約を締結した受託旅行業者を所属旅行業者とする全ての旅行業者代理業 者は、当然に委託旅行業者を代理して企画旅行契約(参加する旅行者の募集をすることにより 実施する企画旅行に係るものに限る。)を締結することができる。
第3 種旅行業者は、第1 種旅行業者の受託旅行業者となることができる。
委託旅行業者と企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)の 受託契約を締結した受託旅行業者は、他の旅行業者と契約を交わすことにより、当該他の旅行 業者に受託契約の再委託をすることができる。

【問題 3 】
企画旅行契約の取引条件の説明をするときに交付する書面に関する次の記述のうち、誤っているも
のはどれか。
旅行者との間で旅程管理業務を行う者が同行しない場合にあっては、旅行地における企画者との連 絡方法について書面に記載しなければならない。
旅行に参加する資格を定める場合にあっては、その旨及び当該資格について書面に記載しなければ ならない。
営業所以外の場所で外務員が書面を交付する場合にあっては、当該外務員の氏名並びにその所属す る営業所の名称及び所在地を書面に記載しなければならない。
旅行の目的地を勘案して、旅行者が取得する事が望ましい安全及び衛生に関する情報がある場合に あっては、その旨及び当該情報について書面に記載しなければならない。

【問題 4 】
企画旅行の円滑な実施のための措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
参加する旅行者を募集することにより実施する企画旅行においては、当該旅行業者に旅程管理義務が課せられるが、旅行者からの依頼により旅行計画を作成し実施する企画旅行には旅程管理義務は課せられていない。 その他の措置を講じなければならない。
本邦内の旅行であって、旅行者に契約の締結前にその旨を説明し、かつ、当該旅行に関する計画に定めるサービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付した場合は、当該サービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合における代替サービスの手配及び当該サービスの提供を受けるために必要な手続きの実施その他の措置を講じなくてもよい。
旅行に関する計画における2 人以上の旅行者が同一の日程により行動することを要する区間における円滑な旅行の実施を確保するために必要な集合時刻、集合場所その他の事項に関する指示を行わなければならない。
旅行に関する計画に定めるサービスの旅行者への確実な提供を確保するために旅行の開始前に必要な予約

【問題 5 】
受託契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承諾を得れば、他の旅行業者と直接受託契約を締結することができる。
委託旅行業者と受託契約を締結した受託旅行業者を所属旅行業者とする全ての旅行業者代理業者は、当然に委託旅行業者を代理して企画旅行契約(参加する旅行者の募集をすることにより実施する企画旅行に係るものに限る。)を締結することができる。
第3種旅行業者は、第1 種旅行業者の受託旅行業者となることができる。
委託旅行業者と企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)の受託契約を締結した受託旅行業者は、他の旅行業者と契約を交わすことにより、当該他の旅行業者に受託契約の再委託をすることができる。

【問題 6 】
旅行業者代理業者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者代理業の登録の有効期間は、登録の日から起算して5年である。
所属旅行業者は、その旅行業者代理業者が旅行業務について旅行者に加えた損害を賠償しなければならないことがある。
旅行業者代理業を営もうとする者は、登録に当たっては250万円以上の財産的基礎を有していなければならない。
旅行業者代理業者の登録は、その所属旅行業者のために旅行業務を取り扱うことを内容とする契約が効力を失ったときでも、当該所属旅行業者の登録が有効であれば、失効しない。 

【問題 7 】
次の( ア) 〜 ( ウ) の記述から、誇大広告の禁止に関して国土交通省令で定める事項にあたるもののみをすべて選んでいるものはどれか。
(ア) 感染症の発生の状況その他の旅行地における衛生に関する事項
(イ) 旅行業者等の業務の範囲、資力又は信用に関する事項
(ウ) 旅行中の旅行者の負担に関する事項
(ア)(イ)(ウ)
(ア)(イ)
(ア)(ウ)
(イ)(ウ)

【問題 8 】
標識に関する次の記述から、誤っているものをすべて選んでいるものはどれか。
(ア)旅行業者等は、旅行業者等が選任した旅行業務取扱管理者の氏名を標識に記載しなければならない。
(イ)旅行業者等は、旅行業者等が法人である場合にあっては、その代表者の氏名を標識に記載しなければならない。
(ウ)旅行業協会の社員である旅行業者等は、その旅行業協会の名称を標識に記載しなければならない。
(ア) (イ)
(ア) (ウ)
(イ) (ウ)
(ア) (イ) (ウ)

【問題 9 】
企画旅行の円滑な実施のための措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
参加する旅行者を募集することにより実施する旅行においては、当該旅行業者に旅程管理義務が課せられているが、旅行者からの依頼により旅行計画を作成し実施する旅行には旅程管理義務は課せられていない。
本邦内の旅行であって、旅行者に契約の締結前に旅程管理のための措置を講じない旨を説明し、かつ、当該旅行に関する計画に定めるサービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付した場合は、当該サービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合における代替サービスの手配及び当該サービスの提供を受けるために必要な手続きの実施その他の措置を講じなくてもよい。
旅行業者は、本邦外の旅行について、旅行に関する計画に定めるサービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合は、代替サービスの手配及び当該サービスの提供を受けるために必要な手続の実施その他の措置を講じなければならない。
旅行業者は、旅行に関する計画に定めるサービスの旅行者への確実な提供を確保するために旅行の開始前に必要な予約その他の措置を講じなければならない。

【問題 10 】
法第12条の4(取引条件の説明)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行業者等は、旅行業務に関し旅行者と契約を締結しようとするときは、旅行業者等が対価と引換えにサービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付する場合を除き、旅行者が依頼しようとする旅行業務の内容を確認した上、その取引の条件について旅行者に説明しなければならない。
旅行業者は、旅行者と旅行に関する相談に応ずる行為に係る旅行業務について契約を締結しようとする場合は、旅行者が旅行業者に支払うべき対価及びその収受の方法とその対価によって提供を受けることのできる旅行に関するサービスの内容を記載した取引条件説明書面を交付しなければならない。
旅行業者等は、企画旅行契約を締結しようとする場合において、企画者以外の者が企画者を代理して契約を締結する場合にあっては、その旨並びに当該代理人の氏名又は名称及び住所並びに登録番号を旅行者に交付する書面に記載しなければならない。
旅行業者等は、企画旅行契約を締結しようとする場合にあっては、旅行者の依頼があれば、当該契約に係る旅行業務取扱管理者が最終的には説明を行う旨を旅行者に交付する書面に記載しなければならない。