旅行業務取扱管理者試験【】

旅行業務取扱管理者試験【】 のオンライン模擬試験です。
受験の予定のある人もない人もチャレンジしてみてくださいね。

下記の問題に関して当てはまるもの一つを選んでチェックを入れ、 記入が終わったら下の「採点開始」ボタンをクリックしてください。
問題文中に空欄のあるものは、空欄にあてはまる選択肢をチェックしてください。
下線の引いてあるものは、誤っている箇所に相当する選択肢をチェックしてください。

トラベル&コンダクターカレッジ
東京都渋谷区代々木1-59-1オーハシビル4階
http://www.tc-college.co.jp/   shikaku@tc-college.co.jp 
電話 新宿校:03-6276-8561
メールマガジン「毎日一問地理博士」登録をどうぞ!

【問題 1 】
旅程保証に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
契約内容の重要な変更が生じた場合、当該変更が手配代行者の過失によるものであることが明らかであるときは、旅行業者は変更補償金を支払わない。
変更補償金は、所定の期間内に旅行業者に対して契約内容の重要な変更が生じた旨の申出が、旅行者からあった場合に限り支払われる。
旅行業者は、変更補償金を支払うべき契約内容の重要な変更が生じた場合、当該変更が生じた日の翌日から起算して30 日以内に支払わなければならない。
変更補償金を支払うべき契約内容の重要な変更が生じた場合、旅行の実施に要する費用が減少したときは、その減少額を旅行者に払い戻せば、旅行業者には旅程保証の責任は生じない。

【問題 2 】
次の記述のうち、特別補償の対象となるものはどれか。
海外旅行中の地震で傷害を被った旅行者に生じた後遺障害
他覚症状のない旅行者の頸部症候群
盗難にあった添乗員のスーツケース
置き忘れた旅行者のカメラ

【問題 3 】
募集型企画旅行契約の変更に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
利用する運送機関の適用運賃・料金の減額がなされたときは、それが通常想定される程度を大幅に超えるものでない場合であっても、旅行業者は、その減少額だけ旅行代金を減額しなければならない。
旅行業者の関与し得ない事由が生じたため契約内容を変更するときは、旅行業者はあらかじめ速やかに、当該事由が関与し得ないものである理由と当該事由との因果関係を旅行者に説明しなければならないが、緊急やむを得ないときは、変更後に説明することもできる。
利用予定のA航空の過剰予約のため、B航空を利用することになったが、その結果、旅行の実施に要する費用が増加することとなっても、旅行業者は、旅行代金を増額することはできない。
旅行業者の承諾を得て交替した旅行者は、当該契約に関する一切の権利と義務を引き継ぐことになり、当初の旅行者が旅行代金の残金の支払いを完了していない場合は、その残金の支払い義務を負う。

【問題 4 】
標準旅行業約款(募集型企画旅行契約の部)「団体・グループ手配」に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
契約責任者は、旅行開始日の前日までに、構成者の人数を旅行業者に通知しなければならない。
旅行業者は、契約責任者が構成者に対して現に負い、又は将来負うことが予測される債務又は義務については、何らの責任を負うものではない。
旅行業者は、契約責任者が団体・グループに同行しない場合、旅行開始後においては、あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなす。
旅行業者は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者の契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、当該団体・グループに係る旅行業務に関する取引は、当該契約責任者との間で行う。

【問題 5 】
渡航手続代行契約及び旅行相談契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
渡航手続代行契約は、旅行業者が契約の締結を承諾し、申込金を受理しなければ成立しない。
旅行業者は、渡航手続代行契約成立後速やかに、旅行者に当該契約により引き受けた代行業務の内容、渡航手続代行料金の額、その収受の方法、旅行業者の責任その他必要な事項を記載した書面を交付しなければならない。
旅行者から電話により旅行相談契約の申込みを受け付ける場合、契約は、旅行業者が当該契約の締結を承諾した時に成立する。
旅行相談契約の履行に当たって、旅行業者の過失により旅行者に損害を与えたときは、損害発生の翌日から起算して6月以内に旅行業者に対して通知があったときに限り、旅行業者は損害賠償責任を負う。

【問題 6 】
募集型企画旅行契約の締結に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による契約の予約を受け付けた場合において、 旅行業者が定める期間内に申込書と申込金の提出があったときの契約の締結の順位は、旅行 業者が当該申込金を受理した順位による。 
旅行の参加に際し、特別な配慮を必要とする旅行者が、契約の申込時にその旨を申し出たとき は、旅行業者は可能な範囲内でそれに応じる。 
旅行業者は、応募旅行者数が募集予定数に達したときは、契約の締結を拒否することができる。
通信契約は、旅行業者が契約の締結を承諾する旨の通知を発した時に成立するが、旅行業者 が当該契約において電子承諾通知を発する場合は、当該通知が旅行者に到達した時に成立す る。

【問題 7 】
募集型企画旅行契約の締結に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行の参加に際し、特別な配慮を必要とする旅行者が、契約の申込時にその旨を申し出たとき は、旅行業者は可能な範囲内でそれに応じなければならない。
旅行業者が電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による契約の予約を受け付ける場合に おいては、旅行者は、旅行業者が定める期間内に、申込書と申込金を提出又は会員番号等を通 知しなければならない。
通信契約は、旅行業者の契約の締結を承諾する旨の通知が旅行者に到達した時に成立するが、当該契約において電子承諾通知を発する場合は、旅行業者が当該通知を発した時に成立する。
旅行業者は、応募旅行者数が募集予定人員に達したという理由で契約の締結を拒否することが できる。

【問題 8 】
募集型企画旅行契約の締結に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行の参加に際し、特別な配慮を必要とする旅行者が、契約の申込時にその旨を申し出たときは、旅行業者は可能な範囲内でこれに応じる。
電話、郵便、ファクシミリ等の通信手段による契約の予約を受け付けた場合において、旅行業者が定める期間内に申込書と申込金の提出があったときの契約の締結の順位は、当該予約の受付の順位による。
旅行業者があらかじめ明示した性別、年齢、資格等の参加旅行者の条件を満たしていないときは、旅行業者は契約の締結を拒否することができる。
旅行業者が、通信契約において電子承諾通知を発する場合は、契約は旅行者に当該通知を発した時に成立する。

【問題 9 】
標準旅行業約款(募集型企画旅行契約の部)「契約の変更」に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者は、旅行業者の関与し得ない事由が生じ、旅行の安全かつ円滑な実施を図るためやむを得ず旅行契約の内容を変更するときは、緊急やむを得ない場合であっても、必ず事前に旅行者の承諾を得なければならない。
旅行業者は、運送・宿泊機関等の利用人員により旅行代金が異なる旨を契約書面に記載した場合において、旅行契約の成立後に旅行業者の責に帰すべき事由によらず当該利用人員が変更になったときは、契約書面に記載したところにより旅行代金の額を変更することができる。
利用する運送機関について適用を受ける運賃・料金が、著しい経済情勢の変化等により、旅行の募集の際に明示した時点において有効なものとして公示されている運賃・料金に比べて、通常想定される程度を大幅に超えて増額される場合であって、旅行業者が旅行代金を増額するときは、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって10日目に当たる日より前に旅行者にその旨を通知しなければならない。
旅行契約を締結した旅行者が、旅行業者の承諾を得ることなく、契約上の地位を第三者に譲り渡した場合であっても、旅行業者と当該旅行契約上の地位を譲り受けた第三者との間の効力が生ずる。

【問題 10 】
航空2社(日本航空、全日本空輸)の国際運送約款に関する以下の問題について、その内容が正しいものには1.を、誤っているものには2.を選べ。
適用運賃とは、航空会社規則に従い算出された運賃で、適用法令等に別段の定めのある場合を除き、航空券の最初の搭乗用片により行われる運送開始日に適用される、航空券の発行日に有効な運賃をいう。
正しい
誤っている