旅行業務取扱管理者試験【】

旅行業務取扱管理者試験【】 のオンライン模擬試験です。
受験の予定のある人もない人もチャレンジしてみてくださいね。

下記の問題に関して当てはまるもの一つを選んでチェックを入れ、 記入が終わったら下の「採点開始」ボタンをクリックしてください。
問題文中に空欄のあるものは、空欄にあてはまる選択肢をチェックしてください。
下線の引いてあるものは、誤っている箇所に相当する選択肢をチェックしてください。

トラベル&コンダクターカレッジ
東京都渋谷区代々木1-59-1オーハシビル4階
http://www.tc-college.co.jp/   shikaku@tc-college.co.jp 
電話 新宿校:03-6276-8561
メールマガジン「毎日一問地理博士」登録をどうぞ!

【問題 1 】
数次往復用旅券の申請に関する記述で、誤っているものはどれか。
旅券の申請は国内においては、いかなる者も住民登録地の都道府県庁で行わなければならない。
未成年者が旅券を申請する場合で、法定代理人が遠隔地にいるときは、申請書裏面の「法定代理人署名」の代わりに、署名済みの「旅券発給申請同意書」を提出してもよい。
旅券の申請書に記入する申請者の氏名は戸籍謄本(抄本)通りに記入しなければならない。
旅券の申請書の所持人自署は漢字・ローマ字どちらでもよい。

【問題 2 】
日本人旅行者が日本を出入国する際の手続きに関する次の記述のうち、誤っているものを選びなさい。
猟銃・鉄砲・超高性能パソコンなど輸出が規制されている品物を輸出しようとする場合は、事前に許可・承認を受けなければならない。
出国時に100万円を超える現金を携帯して輸出する場合は税関への届出が必要であるが、トラベラーズチェックで100万円相当額を超えても税関への届出は不要である。
出国時に携帯していた外国製時計について、出国の際税関で「外国製品の持出し届」に記入し、税関の確認印を受け、帰国時に当該書面を税関に提出すれば課税の対象とならない。

【問題 3 】
次の航空会社コードと航空会社名の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。
AY ― フィンランド航空
CI ― 中国国際航空
DL ― デルタ航空
MU ― 中国東方航空

【問題 4 】
旅券の発給申請の際に本人確認をするために提示または提出する書類として必要かつ十分なものはどれか。
A氏は、失効後7ヶ月を経過した日本国旅券を提示した。
B氏は、国民健康保険証のみを提示した。
C氏は、写真付の会社の身分証明書と公の機関が発行した写真付の資格証明書を提示した。
D氏は、住民基本台帳カード〈写真付〉を提示した。

【問題 5 】
旅券法に関する次の記述から、誤っているものはどれか。
旅券の名義人の姓が婚姻により変更となったときは、必ず新規発給申請を行わなければならない。
残存有効期間が1年以上ある旅券を国内において紛失し、紛失の届出を行ったあとに旅券の発給を希望する場合は、新規発給申請をしなければならない。
既に査証欄の増補を受けた有効な旅券の査証欄に余白がなくなったときは、当該旅券を返納の 上、旅券の新規発給申請をしなければならない。

【問題 6 】
20歳以上の日本人旅行者がフランスで購入した物品の本邦の通関に関する次の記述のうち、
誤っているものをすべて選びなさい。
海外市価が10万円の腕時計2個と6万円のハンドバッグ1個のみを輸入する場合、申告価格の26 万円のうち、腕時計1個が課税対象となる。
香水3オンスのみを輸入する場合、免税の範囲を超える1オンスについては、課税価格に対し15% が課税される。
海外市価が1万円のウイスキー(760 ml)1本と5万円のワイン(760 ml)3本のみを輸入する場合、ワイン1本が課税対象となる。

【問題 7 】
ヨーロッパの高速鉄道列車に関する次の記述のうち、誤っているのものはどれか。
ロンドン〜パリ間を走行する高速鉄道列車は、EUROSTARである。
マドリード〜バルセロナ間を走行する高速鉄道列車は、AVEである。
パリ〜ニース間を走行する高速鉄道列車は、TGVである。
イタリアを代表する高速鉄道列車は、ICEである。

【問題 8 】
旅券法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅券の名義人が、渡航先の追加、査証欄の増補を申請した場合、当該旅券については、名義人の指定する者が出頭して受領することができる。
旅券の発給申請に当たり、「一般旅券発給申請書」の「所持人自署」欄に、当該申請者が署名することが困難な場合は、当該申請者の)…蠡緲人、配偶者、3こ暗蝋劼貌厩圓鰺縦蠅靴討い襪發痢↓づ堝刺楔知事又は領事官が当該申請者に代わり記名することが適当であると認めるものが、,らい僚膂未砲茲蝓当該申請者に代わって記名することができる。
旅券の査証欄の増補申請については、当該旅券の査証欄に余白がなくなった場合に限り申請 することができる。
旅券の名義人が外国に住所又は居所を定めて3 か月以上滞在しようとするときは、遅滞なく、 当該住所又は居所を管轄する領事官に「在留届」1 通を提出しなければならない

【問題 9 】
次の国名と都市コードとの組合せのうち、その国に所在しない都市コードが含まれるものはどれか。
タイ - BKK - HKT
パキスタン - IST - KHI
ベトナム - HAN - SGN
マレーシア - KUL - PEN

【問題 10 】
数次往復用の一般旅券の失効について、正しく述べたものはどれか
旅券の名義人が当該旅券の発行の日から6ヶ月以内に本邦を出国しない場合、 その6ヶ月を経過したとき当該旅券は失効する。
旅券の名義人が国内にあるときは5年または10年の有効期間を経過したとき、国外にあるときはその後初めて帰国したとき、当該旅券はその効力を失う。
旅券の発給を申請した者が、当該旅券の発行の日から6ヶ月以内に当該旅券を受領しない場合、その6ヶ月を経過したときに当該旅券はその効力を失う。
渡航中に旅券を紛失し、紛失した旅券に代えて渡航書によって帰国した場合、帰国したときに当該旅券は失効する。